子供の引きこもり(不登校)の原因を考えた時に、まず初めに思い浮かぶのは親の存在でしょう。子供が引きこもりになると、「甘やかし過ぎだ」とか「育て方が悪い」などと言われることが多いです。しかし親だけの責任とは限りません。

例えば、学校でのいじめが原因で引きこもりになった場合は、学校や教師、いじめた生徒やその親にも責任があります。いじめを見て見ぬ振りをしていた生徒やその親にも、責任が無いとは言えません。

このように責任を追及していくと切りが無くなってしまいます。

親が「自分のせいで子供が引きこもりになった」などと強く思い、責任を感じてしまいますと、親本人の精神状態もおかしくなってしまいます。子供を引きこもりから脱出させることが難しくなってしまいます。

そこで、子供が引きこもりになった場合は、誰のせいで引きこもりになったのかを考えるよりも、引きこもりからの脱出方法を考えるようにしたほうが良いでしょう。