自律神経失調症かどうかを自分でチェックするには、インターネット上で公開されている自律神経失調症チェックシートを活用すると良いでしょう。

自律神経失調症は、原因が特定できない状態で、体の異変を感じる病気です。
自律神経失調症の症状が慢性化すると、日常生活に支障をきたす可能性があります。

自律神経失調症なのかどうかをチェックするシートにはたくさんの項目があり、その一部を紹介します。

  • 倦怠感がある。身体に力が入らないように感じる。
  • 肩こり、頭痛、めまい、腰痛がする。
  • 動悸や胸の圧迫感がある。
  • 無気力、イライラ、不安感など精神的に不安定。
  • 大量に水分を摂っていないのに、すぐにトイレへ行きたくなる。
  • 急にのぼせてしまう。
  • 便秘・下痢など腸が不調である。

これらのどの症状も、自律神経失調症とは一見関係ないように思えます。
しかし自律神経系のバランスが崩れて起きている症状の可能性があるのです。
自律神経系のバランスが調整されれば、その症状は落ち着いてくる場合があります。