自律神経失調症は原因がはっきりと特定されにくいために、改善や治療が難しい症状です。

漢方は、自己治癒力を高めて病気にならない体質をつくることが目的ですので、自律神経失調症による様々な症状を改善するのに効果的なものがあります。

例えば、次のような漢方が自律神経失調症に効果があると思われます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散は自律神経失調症の他、イライラ、更年期障害、肩こり、冷え、のぼせ、頭痛、食欲不振、便秘、不妊症、子宮筋腫などに用いられる漢方です。
特に不定愁訴(はっきりとした原因の分からない不快な症状)の多い女性に適していると言われています。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯は精神安定によく用いられる漢方です。
ヒステリー、ノイローゼ、更年期障害、めまい、動悸、不眠、のぼせ、てんかん、子供の夜泣きなどの改善に効果があります。