心の病気は体の病気と異なり、個人毎に原因が様々で、その人の心理的なこと、体質的なこと、環境的なことなどが複雑に関わって生じます。

心の病気になるきっかけは、例えば次のようなことが考えられます。

幼少期の辛い経験

例えば、幼少期に親と死に別れてしまい、そのショックで心の病気になることは少なくありません。
幼少期に辛い経験をした場合、それが引き金となって心の病気を発症させることがあります。

生活環境の変化

生活環境が大きく変化することで過度なストレスを感じ、心の病気になることもあります。
例えば、引越しをして周りに知人がいなくなったり、親元を離れて初めて一人暮らしを始めたり、社会に出て仕事をするようになったりなどです。

人間関係によるストレス

学校や職場での人間関係が上手くいかないためにストレスを感じ、心の病気を発症させてしまうケースもあります。

ネガティブ思考

日々の生活の中でネガティブ思考が形成されてしまい、心の病気になってしまう可能性も少なくありません。

以上のように、どのきっかけもストレスが大きく関係しています
したがって、ストレスとの付き合い方が心の病気の発症を抑えるポイントになります。