心の病気は遺伝すると言われています。親からの遺伝情報が、何らかの病気の原因になる可能性はあります
心の病気の原因が、もしも中枢神経系の異常で、親にもその異常があるのなら、遺伝の可能性が高いと考えられます。

もちろん、100%遺伝するわけではありませんので、遺伝しない可能性もあります。
つまり、親が心の病気である場合、自分が心の病気になってしまう可能性は、普通よりも高いと思ってください。

心の病気は、ストレスものの考え方が発症原因と大きく関係しています。
遺伝の可能性があるとしても、ストレスのない環境で生活をすれば、発症しないかもしれません。また、ストレスを感じにくいような考え方をしている場合も、発症することは少ないでしょう。

心の病気は、複数の様々な原因が重なって発症します。
心の病気になりやすいとしても、ストレスとものの考え方に注意すれば、防ぐことは可能です。

親が心の病気だから自分もそうなるかもしれない、などと思い込んでいると、それがストレスになって発症してしまうかもしれませんので、注意してください。