うつ病の場合に処方される薬は、次のようなものです。

抗うつ薬

うつ病の診察の結果、抗うつ薬療法が好ましいとなったとき、ほとんどの場合、抗うつ薬が処方されます。
抗うつ薬を服用することで、うつ病の幅広い症状を改善させることができます。

抗うつ薬として代表的な薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。
日本で承認されている商品名ではデプロメールルボックスパキシルジェイゾロフトといった薬です。

また、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という抗うつ薬もあります。
日本で承認されている商品名ではトレドミンサインバルタといった薬です。

その他の抗うつ薬としては、三環系四環系の薬があります。

最近は、作用が早く副作用が少ないといわれているSSRIやSNRIが処方されることが多いようです。
どの薬が処方されるかは、医師の判断によって異なります。

抗不安薬

抗不安薬には、うつ病になると現われる不安や焦りを改善する効果があります。
即効性があって効果が高いので、使用されることが多いようです。

睡眠薬

うつ病になると眠れなくなることがよくありますので、それを改善するために睡眠薬が処方されるケースもあります。

処方される薬は患者によって異なる

うつ病で処方される薬は以上のようなものとなりますが、患者によって異なると考えてください。
症状によっては薬を処方しない場合もあります。

薬を処方された場合は、必ず医師の指示に従って服用してください。
勝手に服用を中止したり、飲む量を増やしたりしてはいけません。