うつ病とアルコールは深く関係しています。
うつ病の人はアルコール依存症になる確率が高くなっています。

なぜ、うつ病になるとアルコール依存症になりやすいのかというと、うつ病になると、気分が落ち込んだり、何事も楽しむことができなくなったりしますので、その気持ちを紛らわすためにアルコールに走ってしまうことがあるからです。

飲んでいる時は気分が楽になるでしょうが、酔いが醒めると気分が塞ぎこんでしまいますので、再びアルコールに走ります。
これを繰り返すことによって、アルコール依存症になってしまうというわけです。

うつ病とアルコール依存症を両方患ってしまうと、うつ病の症状はさらに悪化してしまい、治療するのが難しくなります。
飲酒によって短期的に楽になった気がしても、中長期的にはうつ病を悪くすることがわかっています。
また、最悪の場合、自殺してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

もしも、うつ病の人がアルコール依存症になってしまった場合は、早めに病院に行って治療を受けた方が良いです。
適量であれば良いのかもしれませんが、うつ病の人が毎日飲んでいるようであれば、注意して様子を見たほうがよいでしょう。