うつ病には磁気治療が効くとは、未だ言えない状況です。

TMS(経頭蓋磁気刺激)治療法というものがあります。これは、頭の外側から経頭蓋磁気刺激(TMS)装置によって、脳細胞に磁力による刺激を与えるというものです。

TMS治療法は、まだ実験段階と言える治療方法で、健康保険の適用外ということもあり、費用は高額となります。また、実施している医療施設が非常に限られていますし、様々な適応条件があるため、誰にでも受けられるような治療方法ではありません。そのため、うつ病の人は受けられない可能性があります。

治療の効果には個人差があり、一時的にうつ病が改善しても、また元に戻ってしまったり、あまり効果が見られなかったりすることもあるようです。適用条件に該当すれば副作用は無いとされていますが、長期的に使用した場合はどうなるかは分かっていません。

将来はうつ病の画期的な治療法になるのかもしれませんが、現在の所、効果は不明、費用は高額、といったことを考慮すると、うつ病改善のために磁気治療を選択するというのは、おすすめできません。