うつ病は抗うつ薬療法と併せて心理療法を行うことが多いです。
心理療法は「カウンセリング」とも呼ばれます。

抗うつ薬療法はあくまでも対症療法です。
心理的な問題を解決しないと、うつ病を再発してしまいます。
ですので、うつ病の根本原因を改善する必要があります。
その方法の一つが心理療法です。

心理療法では、臨床心理士と一緒に、考え方を変える訓練をします。

うつ病を患う人は、一人で悩みを抱えこんだり、何かショックなことがあると自分の殻に閉じこもってしまいがちです。
うつ病の人は真面目で責任感が強い傾向があるので、悩みがあっても人に相談せずに、何とか自分だけで解決しようと考えてしまいます。
そのためにストレスが溜まり、うつ病になってしまうのです。

この考え方を「自分一人では無理かもしれないけど、誰かに相談しながら頑張ってみよう」と変えるだけでも、ストレスが軽減されます。

自分自身の考え方の癖、行動、人間関係の状況を振り返り、それらを修正していくことで、日常生活をより良く送れるようにしていきます。

心理療法の技法はいくつかありますが、有効とされていて有名なものが「認知行動療法」です。