うつ病には「抗うつ薬」という治療薬がありますが、それによって100パーセント治るとは言い切れません

薬の効き方には個人差がありますので、人によってその症状が軽くなる場合もありますし、効果が無い場合もあります。
うつ病になった原因や症状によって、処方される薬は変わります。
薬によって効果は異なります。

一般的には、薬だけで治す「抗うつ薬療法」だけでは、うつ病を治すのは難しいといわれています。
薬だけに頼らずに、生活習慣を見直すこと、考え方を変えてみること、新しい人間関係を作ることなども重要です。

うつ病の治療薬には多くの種類があり、薬によって効果が異なります。
例えば、気分を明るくするもの、不安を軽減させるもの、意欲を出させるものなどがあり、症状によって使い分けられています。

うつ病の治療薬にも副作用があります
その副作用は薬によって様々ですし、個人差があります。
ですので、医師の判断のもとで服用する必要があります。
もしも、口が渇く、便秘、排尿障害、眠気などといった副作用が現われた場合は、すぐに服用を止めて、医師に相談してください。