うつ病のために働くことが出来なくなった場合、解雇されないかどうかが心配になると思います。
基本的には、うつ病が解雇理由になるというのは、不当解雇に相当すると考えてください。

ただし、その企業の就業規則次第では、解雇を受け入れざるを得ない場合もあります

例えば、就業規則に「2か月間休職しても体調が戻らず復職できない場合は、退職しなければならない」といった内容が書かれているのであれば、2か月以内にうつ病を治して出勤しなければなりません。
2か月以内で治らず出勤できない場合は、解雇されても文句を言えない可能性があります。

就業規則に休職に関する具体的な事項が書かれていない場合は、うつ病による休職を理由として解雇されるのは不当解雇に当たります。

実際のところ、うつ病と解雇理由との関係は非常に難しい問題です。
企業側と従業員側とで揉めるケースが多く、裁判に発展することもあります

そういったことはありますが、うつ病だけが理由となって企業が従業員を解雇することはできないということになっているのは、間違いないことです。