うつ病を理由に休職する際の手続きの注意点について、いくつかご紹介します。

1 まず上司に相談をする

病院でうつ病と診断され、休職することを決めましたら、まず上司に相談しましょう。もしも、うつ病の原因がその上司であった場合は、産業医人事部に相談してください。
休職は従事者の権利であり、就業制度にも載っているはずですので、安心して相談しましょう。

2 休職に必要な書類を揃える

上司から休職の了承を得たら、必要な書類を揃えることになるでしょう。
一般的に用意する書類は、休職願、医師の診断書、傷病手当金関連書類の3種類です。

3 仕事の引き継ぎを行う

仕事の引き継ぎはきちんと行いましょう。
休職するということは、周りの同僚の仕事を増やしてしまうことになります。引き継ぎが順調にできるように、担当していた業務をノートやパソコンなどに記録し、準備しましょう。