うつ病を改善したいと考えている人には、ウォーキングをおすすめします。
ウォーキングをすることによって、うつ病を改善できる可能性があります。

なぜウォーキングがうつ病に良いのかというと、ウォーキングをすることで、セロトニンという物質を増やすことができるからです。

うつ病は脳神経内のセロトニンという物質が減少することによって起きるという説があります。
抗うつ薬の中にはセロトニンを増やす効果のあるものがありますが、薬には副作用があります。
その副作用の影響で正常な生活を送れなくなる場合もありますが、ウォーキングには副作用がありません。

また、ウォーキングによってストレスの発散になりますし、健康にも悪くありません。
決まった時間にウォーキングをすれば、規則正しい生活習慣にすることもできます。

以上のように、ウォーキングにはいろいろな効果がありますので、うつ病で悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。
無理に長時間やる必要はありません。できる範囲で少しずつやると良いでしょう。1回につき30分~1時間程度で構いません。
毎日やるのが理想ですが、気分の良くない日は休みましょう。