新型うつ病とは、従来のうつ病とは症状や原因が異なるうつ病のことです。
非定型うつ病」とも呼ばれます。
従来のうつ病の症状ではないので、うつ病だと気付きにくい病気です。

新型うつ病の特徴は、主に次のようなものです。

  • 会社に行くと気分が悪くなる
  • 休日に元気になる
  • 夕方に症状が現れる
  • 過食気味、体重増加
  • 過眠
  • 嬉しいと気分が良くなる
  • いらだちの矛先を他人に向ける
  • 他人を責める
  • 20~30代の女性に多い

新型うつ病は、自分が嫌だと感じた時に体調が悪くなる特徴があります。
仕事に関してそのようになってしまうと、他人から見たらただのサボりのように思われてしまうかもしれません。

また、従来のうつ病であれば自分を責めるというのが一般的ですが、新型うつ病は他人を責める傾向があります。
食欲と睡眠は、従来のうつ病と正反対の症状です。

非定型うつ病になりやすい性格としては、例えば次のようなものといわれています。

  • 責任感が強い
  • 周囲に弱みを見せない
  • プライドが高い
  • 自己主張ができない

非定型うつ病は、自分の感情を抑えてしまい、ストレスを溜め込んでしまう人がなりやすいのかもしれません。

新型うつ病も、従来のうつ病と同様に、そのまま放置していますと症状が悪化して、治りにくくなります。
早めに対処する必要があります。