もしも自分がうつ病なのかもしれないと感じた場合は、できるだけ早めに精神科または心療内科に行ったほうが良いかもしれません。
医師に相談し、自分が本当にうつ病なのかどうかを確認してください。

なぜ早めが良いかというと、もしもうつ病だった場合、その対処が遅くなると、症状がますます悪化してしまって、治りにくくなるからです。

そのため、次のような自覚症状があれば、すぐに医師に相談された方が良いと思います。

  • 社会生活に支障を生じるほど自分が辛い(仕事や家事ができない、眠れない、疲れやすいなど)
  • 死にたい」という気持ちが少し出てきた

診断の結果、うつ病と診断されなくても、医師からうつ病にならないための対策を指導してもらうことができます。
うつ病と診断された場合は、うつ病に効果がある薬を処方されます。
症状が軽いと、精神安定剤や睡眠薬などが処方されます。

症状が軽い段階では、病院に行かずに、運動、音楽鑑賞、読書などによって気持ちを楽にするという療法も可能です。
ハーブや漢方薬の中には、病院で処方されている薬と同様の効果のあるものがあります。試す価値はありそうです。