身内をうつ病で自殺させたいために、気を付けるべきポイントが3つあります。

1 生きているということが良いことであるという安心感を与える

心の重荷を必要以上に深刻化させないことが重要です。うつ病の人が自殺願望を抱いている時は、その辛い気持ちを十分に受け止めてあげましょう。いなくなったら非常に悲しいということ、生きているということが良いことであるという安心感を与えてください。

2 常にコミュニケーションを取る

常にコミュニケーションを取ることによって、自分は一人では無いのだという安心感を与えてください。日常生活では、昔話や身近な話など、気軽に話せることを話しましょう。心の重荷を必要以上に深刻化させないために、話せる機会を逃さないようにしましょう。

3 周りの人と協力してサポートする

家族以外の友人や同僚などとも協力し合い、もしも何かあった場合にすぐ連携が取れるようにしましょう。周りとの連携が上手く取れていれば、ちょっとした変化でも誰かしら気付くことができますし、心強い助けになります。

もしも死にたい気持ちが生じている場合は、うつ病が重症化している可能性がありますので、すぐに精神科または神経科の受診をおすすめします。