身近な人がうつ病になった場合、やってはいけないこととやった方がいいことがあります。
気を付けたいポイントですので、ご確認ください。

やってはいけないこと

やってはいけないことは、次のようなことです。

  • 「がんばれ」と励ます、叱咤激励する
  • 「なまけてる」「甘えている」と責める
  • 「死ね」などと罵る
  • 体の具合を聞く
  • 何かを強要する

うつ病の人に、感情的な言葉、励ましの言葉、うつを軽視する言葉は禁句です。
がんばりたくてもがんばれない状態になってしまうのが、うつ病です。
決してなまけているわけでも、甘えているわけでもありません。

うつ病の人が「死にたい」と言うかもしれませんが、絶対に「死ね」などと言わないでください

心の病気なので体の具合を聞かれるのは嫌なものです。
「大したことでは無い」などといった無責任な言葉は、ネガティブに受け止められてしまいがちです。

気分転換に外出などを勧めたくなりますが、強要しないでください。
本人の意思に任せましょう。

やった方がいいこと

やった方がいいことは、次のようなことです。

  • うつ病を理解する
  • 相手の話をしっかり聞く
  • 自殺を止める
  • 精神科を受診させる

うつ病を軽視しないために、病気について勉強し、理解してください。
そうすれば、何をやってはいけないかが分かってくるでしょう。

また、相手の話をしっかり聞きましょう。
話しやすい状態を作りましょう。
話すことによって、相手の心の緊張は軽減します。

自殺をしたいようなことと言った時は止めてください。
そして、精神科または神経科を受診させましょう。
主治医がいるのなら主治医に相談しましょう。