軽い症状のうつで悩んでいる場合、アロマオイルが効くこともあります。日本ではアロマテラピーは民間療法の一つとされていますが、海外では医療の現場で用いられることもあります。科学的な根拠は未だ明確にはなっていませんが、うつ病が改善した症例があります。

うつ病改善のためにアロマを使う場合には、安価なアロマオイルではなく、品質の良いものを使ってください。特にアロマオイルをマッサージに使う場合は、アロマオイルの品質に気を付けましょう。

うつ病の改善に効果があるといわれているアロマオイルは、柑橘系のベルガモットグレープフルーツ、すっきり系のローズマリーペパーミント、甘い系のジャスミンローズなど、いろいろあります。
基本的にはご自分の好みで、心地良いと感じる香りのものを選ぶと良いでしょう。

アロママッサージを自分で行ったり、お店で受けたりしますと、リラックスできることはもちろんのこと、血行やリンパの流れが改善していきます。お風呂に数滴垂らして「芳香浴」を楽しむのもおすすめできます。

気を付けたいのは、アロマオイルによっては使用後に日光に当たってはいけなかったり、妊娠中の使用を避けるなど、使用上の注意事項があることです。必ず確認してから使ってください。